2005年09月01日

骨盤を整えて腰を強くする体操

1.仰臥、両膝を引き寄せて立て、足の裏を合わせるように
  して膝を開き、カカトを尻の方に引き寄せる。
kotuban-1-24bitカラー-01.jpg


2.
息を吸いながら、膝を開いたまま、ゆっくり尻を持ち上げる。
手で床を支えてもよいが、刺激が尻のエクボのあたりに
くるようにする。息を吐ききったら3に移る。
kotuban-2-24bitカラー-02.jpg


3.
息を吸いながら、尻をゆっくり床すれすれまで降ろししてくる。
そのまま息を吸いきって止める。
kotuban-3-24bitカラー-03.jpg


4.
息を止めたまま、尻をトンと床に落とし、直ぐフーと息を吐き出す。
kotuban-4-24bitカラー-04.jpg
注意!このとき、息を吐きながら尻を降ろしたら失敗。
   必ず直ぐ立ち上がること。

   尻が落ちたその瞬間に吐くと良いが、とにかく「トン、フー」であれば良い。

5.尻を落とした後、そのまましばらくぽかんとする。膝を閉じたくなったら閉じる。

※ 固い床の上で行わないこと。柔らかい布団の上もダメ。畳の上が良い。


★骨盤を閉じる効果があるので、痩せる体操でもある。

★骨盤の位置が狂ったり、開いたりして腰が痛む人には良い。

★妊婦または生理の最中は絶対行わないこと。

★一日一回のみ。これ以上は行なわない。寝る前がよい。

★生理の前より後から排卵までが骨盤を閉める効果がある。

★これをやって翌日腰にすっきり感があるとか、寝起きがよいとかであれば
 翌日も続けてみると良い。二日続けたら一日はあけたほうが良い。
 あるいは一日行なって二日開けるでも良い。

 イライラする、せかせかする、眠れない、そういう現象が出る人は行わないこと。
 集中力がつく体操でもあるので、気が凝る方に効果が出る人はやらなくてよい。

 骨盤から下が弛んでいるために、胸部、肩に力が入りすぎている人(上気しやすい)は
 効果があります。


いろいろうるさい事を書いたので、おっくうな人もあるかもしれません。
けど、現代は安易な情報が多すぎるのです。

いかにも簡単に効果があるような能書きにはご注意を。

質問はコメント欄にお願いします。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。