2009年04月12日

春はパニック症の発作が起きやすい?

春は全身がふんわりと弛んできます。
冬場の寒さに構えていた緊張が解けてくるからです。

しかし、肩、首が緊張しているとかえってのぼせたり
心臓も過敏になってくることも合わさって、
ドキドキしたり、いわゆる頭に血が上った状態になりやすい。

なにもこれがパニック症発作というわけでもなく
そこまで過剰な現象でなくて経過するのが
自然な身体というものです。

しかし、現代の生活習慣によって身体が文化的に
なりすぎて野性味が無くなってきているのでしょう。

ちょっと病的な反応が増えているように思います。

ひどく息苦しいだの、心臓の動悸が激しくなって
死の不安までよぎったりします。

大概は病気になったことに焦り、驚き、慌てます。

とりあえず症状を軽くできるように
あるいは発作が起きないように
身体を整える必要があります。

しかし、大事なのは

【 体の自然を取り戻すこと 】 これです。


苦しみがあるのは不自然があるからです。

身体的か精神的か。

そして不自然があること自体は
人という生き物はずっと続いていきます。

たぶん

だからそれは恥ずかしいことではないと
私は考えます。

問題はどれだけ再構築に着手するかです。

パニック障害は元々心理が原因になっている
ケースは少ないのですから、

体とシッカリつながっていく感覚を身につける資格を得たと、
そのくらいに思った方が良いと思うのだけど‥‥

あまり賛成はしてもらえないしょうねぇ。(笑)
posted by 由 at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。