2005年08月28日

心臓への負担と重い気分を除く「汗」

// 運動もせず、心臓にも負担をかけず、汗をかく //

心臓をサポートするためにも不安にめげない体をつくるにも
効率良く汗をかくこと 』は大変有効です。

「パニック症状と、汗がどうして関係するのか?」
このことについて説明いたします。


続きを読む
posted by 由 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2.体との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

そのうち、簡単な背骨の図を

記事の内容の中に、背骨の何番とか骨盤肩甲骨という多少専門的な言葉を使っています。

通常、ほとんどの人が困った症状に関して以外に体を意識することはないでしょうから、
読む側にしてみるとこれはきっと理解しにくいこととと思う。

そのうち、簡単な背骨の図を紹介したいと考えているのでもう少し待って欲しい。
他に運営しているホームページやブログとの関連があり、載せ方を考え中。

背骨を柱のようにイメージしている人が時々いるけど、あれは間違い。

背骨が柱だったら赤ちゃんの体がグニャグニャしてるはずないし、
今日はわが町、高円寺にて阿波踊りがあるけど、
あんな動きを人間ができるはずない。


さて、今日明日は、ビールでも飲みながら阿波踊りを見るとするか。
長らくこの町に住んでいながら、いまだに「見るアホウ」の私。

posted by 由 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

パニック症と生活(2)睡眠薬が不要になりました

パニック症と生活(1)で書いた例のパニック症+うつ症だった人が再びやって来た。

教えておいた体操をやったら筋肉痛になったそうだ。
体操は、大体3つくらいしか指導しないし、一回に一つのを3回も
やれば充分なのだけど、あれで筋肉痛になるとは。

筋肉痛はその筋肉に疲労物質が停滞するから起きる。
代謝がよくなれば、これくらいの運動量でそうそう起きはしない。
続きを読む
posted by 由 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★ご自分の姿勢をチェックしてみたい人は、こんなのはいかが?

// 自分の体のツカエを調べて、整えよう //


壁に後頭部、背中、カカト、肩甲骨外をピッタリつけて、

首を真っ直ぐ伸ばすことができるでしょうか?

恥骨を前に出してはダメ!

尻を引いて尾骨の少し上辺りも壁につけること。

この時、体のどこがこの行為を邪魔するでしょうか?

そこは持続的に緊張しているのです。


夏の疲れは肋骨が落ちてきます。

せめて、次の体操を行っておきましょう。

1.仰向けに寝てお腹の上で左右の手の指を組み

2.手のひらを向こうに返して、

3.そのまま、頭上にもっていき、左右の腕の外側の付け根を

 交互に伸ばして(カカトも伸ばし)ふっと弛める。

 腰は自然と反り気味になってしまいます。

これを3回。これぐらいのことはやっておきましょう。


このあと、もう一度壁に立ってみよう。

使用前使用後のチェックは怠らないこと。


★効果 食べ過ぎ、肋骨の硬化、下垂、疲れ全般、リンパ液の流れ促進

リンパマッサージをやらなくても、この体操でも結構効果があります。
posted by 由 at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 2.体との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

季節とパニック症が関係する?

2月から4月、初夏、梅雨、夏、秋、冬入り、一応このくらいに
分けて、季節の体の変化とパニック症が連動しているとしたら、

パニック障害改善のことだけでなく、その身体と季節の適応の癖
についても多少考慮しなければならないかもしれません。
続きを読む
posted by 由 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2.体との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1-2 パニック障害の原因について私見

これは実際のところ、個人別としか言いようがありません。
とっつきにくい言い方で申し訳ないです。

では、この症状が全く個別で脈絡のない現象かというと、そうでもありません。


続きを読む
posted by 由 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 1.症状と原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

筋トレ中のパニック発作

ある中年の女性はスポーツジムで筋肉トレーニング中に
パニック障害を起こしました。

デパート、レストランなどどこへもいけなくなり、
家族と一緒に車にも乗れなくなりました。

家族でファミレスに行く途中で、喘ぎ出したらご主人が怒ったため
にますますひどくなって、車を降りて歩いて家に帰ってしまった
こともありました。

それで指導は当然こちらからでかけてのことになりました。


続きを読む
posted by 由 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2.体との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

パニック症と生活(1)鈍りを探す

今日、新しい人がやってきた。

状況を聞くと、パニック症だという。
正確には「最近までパニック症だった」のだといわれる。

パニック障害のメルマガとブログを作ったらそういう人が来るのも面白い。
しかも、ついさっきまでパニック障害の人が書いたブログを読んでいた、
その内容にそっくりな事をいうので、そのブログの本人かと錯覚したほどだった。

こういうのもシンクロニシティというのだろうか。



続きを読む
posted by 由 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンチはチャンス!

メルマガ第3号に、パニック症に襲われた人が、

「自分が自分でない感じ」という感覚を味わうことについて書いた。

これにくっついてくる空想として「異常と正常の差」の疑問があると思う。

これについては私の独学の範囲のことだけど、

自分の心か体に何か異常が起きていると客観的に判断できる範囲では
精神の異常や精神病とは言えないと思う。

しかし、

続きを読む
posted by 由 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

今後のメルマガの内容一部を紹介

メルマガがいよいよスタート!

今日は時間があったので、少し原稿を貯めておこうとパソコンに向かった。

今後の各メルマガの一部を紹介しよう

続きを読む
posted by 由 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

いっそうのこと、死んでしまおうか‥‥と

約18年も前に喘息で来た青年が、私の住む町、杉並の高円寺にて
飲み屋を始めました。

友人とぶらりと行ってみたら、まあまあ繁盛している。

若い人数人でやっているけど、お酒の種類も豊富だし、
清潔感もシッカリしていて女性が一人でもぶらりと立ち寄ったり
するらしい。

聞くと、ほとんどコネ、ツテなしで始めたという。
彼は本業は別にあるから二つの仕事をしていることになる。

ちょっと無謀な気がしたが、企画にしても結構いけるいい案を持っ
ていてなかなかの奮闘振りだ。。
続きを読む
posted by 由 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1-1 一般的な見解

■ 症状

突然、次のような症状に襲われるといわれています。

動悸、口が渇く、息苦しさ、めまい、のぼせる感じ、冷や汗、寒気、手足のふるえ、呼吸困難、脈拍亢進、喉から心臓が飛び出しそう、閉塞感(閉じ込められた感じ)、しびれ、胸の痛みやえらく不快な感じ、胃袋のひきつり感、頭の血が遠のく感じ、ハラに力が入らない感じ、フアフアした歩行感覚、自分が自分で無い感じ、死への怖れ、強い不安、等。



続きを読む
posted by 由 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 1.症状と原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。