2013年07月25日

病気の言い分を探る

身体症状に「効く」ではなく、「聴く」という発想について想像がつくでしょうか。
どこかに鈍痛がするとして、「鈍痛さん、鈍痛さん、どうしたんですか?」と
耳を傾けても鈍痛自体が何かを喋るわけではありません。

何かを喋るとしたらそれは超能力者ですよ。
そのようなことはあり得ないのですけれど、
実際にはそれに相当するようなことができるのが心身セラピーです。

鈍痛を始めとする病気の言い分と言いますか、
その意味、あるいは個人的な価値を探るのが心身セラピーです。


2009年06月04日

痺れ(しびれ)症状と胸椎7番

正座をしての足の痺れや手の痺れなど、
この手の症状は胸椎7番という背骨の異常を正す必要があります。

胸椎7番については以下にも記事を載せました。
http://panic0.seesaa.net/article/8824914.html#more

ここは息の詰まり等にも関係していて
正体がつかめない処でもあります。

パニック症の発作時に不安が増大して気持ちが慌てるのでしょう
過換気症候群を起こす人があるようです。

すると呼吸からくるアルカロージスを起こすと同時に
強い痺れ症状を起こすのです。

胸椎4番は血液のアルカリ化、
3番は酸化と関係しているので
ここを整える必要があるのです。

といっても、直接に整えるのが良いか
間接的に整えるのが良いかを体に合わせて
考える必要があります。

体というものがどんな生ものか
ということが分からない方には

直接的に整える方が間接的に整えるより
効果があるように思われるかもしれません。

しかし、体の上の方に力が入りすぎる背後には
腰や腹部の異常へのカバーというバランス現象が
あるのはどうにもなるものではありません。

こういった問題は薬ではどうにもカバーできません。

これらの椎骨が整ってくると痺れの症状も回復してきます。
posted by 由 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2.体との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

春はパニック症の発作が起きやすい?

春は全身がふんわりと弛んできます。
冬場の寒さに構えていた緊張が解けてくるからです。

しかし、肩、首が緊張しているとかえってのぼせたり
心臓も過敏になってくることも合わさって、
ドキドキしたり、いわゆる頭に血が上った状態になりやすい。

なにもこれがパニック症発作というわけでもなく
そこまで過剰な現象でなくて経過するのが
自然な身体というものです。

しかし、現代の生活習慣によって身体が文化的に
なりすぎて野性味が無くなってきているのでしょう。

ちょっと病的な反応が増えているように思います。

ひどく息苦しいだの、心臓の動悸が激しくなって
死の不安までよぎったりします。

大概は病気になったことに焦り、驚き、慌てます。

とりあえず症状を軽くできるように
あるいは発作が起きないように
身体を整える必要があります。

しかし、大事なのは

【 体の自然を取り戻すこと 】 これです。


苦しみがあるのは不自然があるからです。

身体的か精神的か。

そして不自然があること自体は
人という生き物はずっと続いていきます。

たぶん

だからそれは恥ずかしいことではないと
私は考えます。

問題はどれだけ再構築に着手するかです。

パニック障害は元々心理が原因になっている
ケースは少ないのですから、

体とシッカリつながっていく感覚を身につける資格を得たと、
そのくらいに思った方が良いと思うのだけど‥‥

あまり賛成はしてもらえないしょうねぇ。(笑)
posted by 由 at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

パニック症改善に役立つ腰湯と発汗

肩甲骨周辺から首への過剰な緊張と循環器の弱さ発汗力の低下、
腎臓機能の低下
、これらがパニック障害の温床になることは
すでにお伝えしております。

これを改善する方法の一つに腰湯という風呂の入り方があります。
続きを読む

2006年09月16日

メインブログ「体と心・丸ごと生もの派!」情報

このカテゴリーは、メインブログ「体と心・丸ごと生もの派!」からのトラックバック受信用です。

メインブログにはNRT 自然性回復セラピーの臨床や心身の相関について記事を載せます。

2006年05月19日

相互リンク

心と体って、つながてるよね〈ここからコミュニティ〉の仲間

  ▼野口整体と心理セラピー
■植田正
 ◆整体とヒーリング
「背骨や骨盤が何を語りかけてくるんだろう」と彼はふわっと心と体に触れる 
 
 ●女性のからだは骨盤から 整体ヒーリング
女性必読のブログ!あなたと「体」という「もう一人のあなた」の対話

  ▼アロマセラピーと心理セラピー
■立野
 
 ●"アンフォールド Unfold”
香りは心にも各内臓にも響くんですよ。
私もやってみましたけどアロマは深いですねぇー。
不快で嫌な臭いとは下の臭い紹介サイトの技はおさらばして、あなたのパニック症に効くアロマを見つけてみたらいかがでしょう。
 
 ●香りを聴くーー心身一如のアロマセラピーBlog 

  ▼スピリチュアルライフを目指して
■加藤
 ●good-lifeの日記
さりげなくさらっと深い気づきを語る人です。自己啓発の情報も沢山あります。一読をお奨めします。
 
 ●good-lifeのRSSリーダー


■その他のとても親しい人

  ▼整体・ヨガによる体育て
■津田
からだ・こころ 右往左往
快気法は、『ここちよさ』と『無意識運動』でからだを整える方法で、ひとりでもできるし、人に手伝ってもらえばいっそう気持ちよく、めきめきからだが柔軟になり、関節の動きが良くなる不思議な体育技法だ。(ブログより引用)



■積極的かつ勝手にリンクしていただいた感謝ホームページ

  ▼エチケットの悩み解消系
加齢臭対策徹底ガイド
加齢臭は「エイジングノート」とも言われるオヤジ臭の代表的なニオイ。中高年の男性に多いこの体臭の、しくみから予防・対策まで、徹底的にガイド。

快適な生活
毎日の生活をちょっとだけ快適にしてみませんか。快適な生活のヒントをご紹介します。


posted by 由 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

春はパニック発作とうつ症が起きやすい

お前、陽気のせいでアタマおかしくなったんじゃないの?」

春にはこんな冗談半分の会話を耳にすることがあります。

また、木の芽時と呼ばれる初夏には、五月病など言われてとても気分が滅入ってしまい、

いわゆるうつ状態に陥ってしまう人も出てきたりします。




続きを読む
posted by 由 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2.体との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

更年期症状とパニック障害改善のとっかかり

更年期症状の主なものは次の症状です。

 動悸のぼせほてり異常な発汗、冷え、関節痛、腰痛、

 しびれ、肩こり、めまい、耳鳴、頭痛、不眠不安憂うつ

 食欲不振悪心嘔吐、便秘、腹痛、外陰部や口腔の乾燥感

 不正出血、外陰部のかゆみ、頻尿、排尿時痛、全身倦怠感、むくみ


どうです? 症状が様々ですけど、

パニック症状と重なる症状が多いとおもいませんか?



続きを読む
posted by 由 at 14:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 2.体との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

焦りが無くなりました?

「パニック症と生活(2)睡眠薬が不要になりました」
http://panic0.seesaa.net/article/6232504.html
「生理痛→腰の捻れと骨盤の改善→便秘・睡眠・パニック症改善」
http://panic0.seesaa.net/article/8243933.html
で紹介したクライアントさんのことです。

生理のときに腰椎4番を整えて便秘の調子が良くなったのが
ここのところまた少しつまり気味のこと。

続きを読む
posted by 由 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2.体との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

セロトニン神経について(1)「セロトニンは原因ではなくて‥‥」

このテーマについては既に何度か登場しています。例えば、

●心と体が静かになる「指の運動&呼吸法」では、

リズム呼吸、リズム運動自体が脳・神経系をリラックス、安定させ
る作用があることを簡単に説明しました。

これはパニック症状のみを対象とした改善法ではありません。
自律神経を安定化させる東洋の智恵とでもいえる方法です。

そして、要は『 セロトニンは原因ではなく、結果であるということ 』

このことを忘れてはならないと私は考えます。

続きを読む
posted by 由 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2.体との関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。